家庭教師トップ

家庭教師について知ろう!

生徒宅を訪問し、学習を指導する教師行である家庭教師は、一人一人の生徒さんに完全に合わせた授業を、一対一の完全個別指導で行える、理想的な学習スタイルにみえます。学校では東京の○○大学を志望している生徒、大学ではなく専門学校を志望している生徒など学習レベルが様々です。家庭教師は本来、その授業の内容と質・量の高さにこそ意義があり、密度の高い授業により、高い効果を得られる学習方法なのですが、残念なことに大手センターの中でさえもこの本質を見失っていることがあり、授業とは関係のない費用が発生する場合も少なくありません。
現在、多くの家庭教師センターがあり、その指導方針や学習の進め方など契約内容はさまざまです。東京と大阪など、地域によっても異なってくる場合があります。しかも、派遣される家庭教師の先生も現役の学生から家庭教師のプロまで幅広いと言えます。そんな中、お子さんに合った家庭教師が指導に訪れるかどうかというのは実際のところ分かりません。学力が合っても教えることが上手くない先生や、大した学習能力もないのに家庭教師センターに登録している人だっています。センターの中には、教材を必要以上に進めるところもあるので、家庭教師選びも慎重に行わなければならないのです。
このページではそんな失敗をしないように家庭教師とはどのような種類があり、どう選べばよいのか?さらには家庭教師になるにはどのようなことをすればよいのかまで、家庭教師に関することに焦点を当てて紹介していきたいと思います。



そもそも特別に家庭教師そのものを定義した法律と言うのは存在せず、特定商取引法における事業者サービスとしての定義によると、「幼稚園小学校を除く学校の入学試験に備えるため、または学校教育の補習のための学力の教授」となっています。

家庭教師事業者は、いわゆる家庭教師センターと呼ばれる法人の派遣会社が主体で、日本においては、専らこの法人派遣会社が家庭教師を仲介、または派遣することが主流です。その他一部ではありますが、産業区分で出版社に分類される教材販売事業者が家庭教師サービスを提供していたり、個人営業で生徒を募集している個人事業主であったり、インターネット上で個人契約を斡旋する、法人派遣会社と個人事業主の中間形態としての情報サービスなどもあります。また、家庭教師業界の市場規模は300〜400億円程度と推計されていて、学習塾市場の約1兆円と比べるとわかるように、現在、塾などを含めた小中高校生の受験などを目的とした、すべての教育学習サービス全体で、家庭教師が占める割合はそれほど多くありません。少子化の影響と個別指導塾との争いがあるため、市場全体ではこの先も少なくなっていく方向にあります。しかし、それを受けてサービスを良くしようという方向に業界全体が進んでおり、インターネットを使った遠隔指導(eラーニング)などの派生サービスなど、サービスの多様化を進めている事業者も多く、体力に勝る上位企業ではほぼ、個別指導塾・遠隔指導のいずれか、あるいは両方を運営しています。

 

 

残念なことですが、数十万円もする高額な教材の販売目的を隠して近づいてくる悪質な会社もあるので、注意が必要です。また、個人の家庭教師の場合には学力レベルは千差万別、年齢も様々で、さらに標準価格が存在しないため、金銭面での折り合いが難しいという問題もあります。なお、中学受験の庶民化で、自分のバイト料を基準にするため、非常識な金額の提示もあるようです。


おすすめWEBサイト 5選

渋谷・新宿にある人気買取店

渋谷・新宿にある人気買取店

屋形船

オーストラリアをはじめニュージーランドやカナダでのワーキングホリデー留学ならジョイネットへ!

ワーキングホリデー ニュージーランド

Last update:2017/2/3