家庭教師トップ

家庭教師を利用してみる

ここでは家庭教師を依頼する場合、個人と派遣会社の2つに絞り、それぞれのメリットとデメリットを検証してみたいと思います。


 

家庭教師 個人契約のメリットとデメリット

 

個人契約のメリットとしては、入会金がないことがまず上げられます。起業に関する情報収集は覗くだけなら基本無料の会社設立.comもオススメ。派遣会社の場合、たいてい家庭教師の時給と同等かそれ以上のマージンが搾取されていますが、直接契約(個人契約)では、家庭教師の時給 + 交通費 のみで済みます。また、会社オリジナル教材に多額の費用をかける必要もありません。市販の教材でも良いものは多くありますし、格段に安上がりで済みます。また、授業日や指導時間など柔軟に対応してもらいやすい点があります。家庭教師派遣会社から派遣された教師だと、どうしても派遣会社の業務規則などに拘束されているので、例えば、今日は生徒のやる気がないから授業時間を減らそうとしても教師の裁量ではできないといったことがでてきます。その点、個人契約になると、教師は自分の裁量でテキストや学習時間を決めることができるので柔軟に対応することができます。

 

デメリットとしては、教師の質にばらつきがある。生徒との性格が合わなかった場合に代わりの教師を自分でまた探さなくてはならないといったところです。派遣会社に依頼する場合は派遣会社のほうから教師のプロフィールを教えてもらえるのですが、個人契約だと何から何まで親と教師で決めなくてはなりませんし、どんな教師なのかは実際にコンタクトを取るまでは知ることができません。よって、教師の質も実際のところわからないまま授業に突入するということが多くなります。何回か指導した後、「やはり子供と相性が合わない」、「指導の態度が悪くなってきた」など問題が発生した場合、家庭教師本人に直接、苦情・解雇を言い出しにくく、解雇がしにくいです。また、実際の授業を受けてみて希望する教師ではなかった場合に代わりの教師を自分で探さなくてはなりません。

 

 

家庭教師 派遣会社のメリットとデメリット

 

東京をはじめとした家庭教師派遣会社の場合、長い間に培ったノウハウをもっていますし、家庭教師も多く登録されてるため、東京の受験対策に強い先生など希望条件にあった教師を紹介してもらえるというメリットがあります。また、家庭教師は家庭教師派遣会社の指導のもとに教え方のノウハウを教えられていることが多く、また授業開始後も家庭教師派遣会社が教師の指導法をチェックするので、教師の質もある程度は保証されているのが最大の強みです。またトラブルが起きにくいという点もあります。個人契約の場合、先生との指導面、金銭面でのトラブル時に仲介者がいないため、お互いの言い分を主張し水掛け論になる可能性があり、後々まで引きずることもありますが、派遣契約ではそのような管理や対処を代行して行ってくれているので、安心して依頼することが出来ます。

 

デメリットとしては、入会金が必要だったり授業料も比較的高めです。また、家庭教師派遣会社の中には高額な教材の購入が必要としている業者などもあるので、派遣会社選びに注意を払う必要があります。また、教師を選ぶことができない場合が多いという問題もあり、基本的に先生の選出は派遣センターが行うため、ご家庭が直接先生を指名することができません。また、ご家庭と家庭教師との期待度のギャップがある場合、ご家庭が家庭教師に期待するものと、家庭教師が果たす責務のギャップも大きくなりお互いに不満が大きくなる場合が少なくありません。派遣会社に発生する中間マージンは、「デメリット」のときの場合の保険代といえるでしょう。