家庭教師トップ

個人・派遣会社などの家庭教師

個人の家庭教師

 

文字通り、個人的に生徒を募集し、その教師と家庭とで直接的に契約を結ぶシステムです。

 

少し前までは、大学に掲示板や電柱に家庭教師の募集がよく張り出されていました。それを見た学生と依頼者が、電話等でお互いに連絡をとり契約するというのが一般的でした。しかし、今ではインターネットの普及により広域での募集をすることが可能になっています。家庭教師自信が個人的にホームページを開設し、そこで、自己紹介、指導方針、スケジュールなどを公表し、生徒を募集するという形が主流となりつつあるのです。さらに、このホームページで契約まで結ぶことも可能です。このような個人営業をしている家庭教師はプロ家庭教師と呼ばれ、家庭教師を専業としている方もすくなくありません。しかしその場合はきちんとに家庭教師の能力やマネージメントなどを見極めないとトラブルを招く結果もありますので、いきあたりばったりでは決めないことが重要になってきます。

 

 

●家庭教師の種類について
家庭教師を雇う場合に最低限覚えておくべき家庭教師の種類について解説しているページです。

●プロの家庭教師
プロの家庭教師はフリーの家庭教師と違って、所属している派遣会社の手厚いサポートや充実した試験、
入試情報からより的確な勉強方法を教えてもらえるのが強みです。フリーの家庭教師はそのままその人の実力がものを言いますが、
プロの家庭教師は会社側が手配した教材や資料といったものを使うことができるので、安定した効果が望めます。
ただやはりそういった資料やサポートの分、フリーの家庭教師より費用がかかりますので、お金に余裕があり、
予算の範囲内であれば派遣会社に属するプロの家庭教師を雇うという選択で問題ないと思われます。

●フリーの家庭教師
学生が学費を稼いだり、生活費のためにバイトして行っている家庭教師はプロの家庭教師に比べて割安なのが特徴です。
しかし、フリーであるがゆえに何かしらのトラブルが起きた場合の対処には期待ができません。
家庭教師という仕事はお金が絡むものなので、雇う側としては当然、支払った額に見合った成果を望み、
家庭教師側としても額に見合った働きをしたいと考えるものです。ただ、派遣会社に属している方と違って
サポートや膨大な情報をまとめた資料等を用意することができないため、その年の入試情報などは多く望めないでしょう。
フリーの家庭教師の特徴として、学生という身分とプロの家庭教師よりも若いというポイントから、
生徒との仲が良好になる可能性が比較的高くなると思われます。
年代が近いことから以前自分が行った勉強方法や実際につまづいた場所、解けない問題等にも強く、
それに対しての解決方法を上手く説明できる方も多いそうです。
生徒と教師の仲がいいことから、不安や不満等を申告しやすいため、よりリラックスした状態で勉強に臨めるというのも強みです。

●家庭教師を探す時には
インターネットで「家庭教師 派遣」といったキーワードで検索すると実に多くの
家庭教師派遣会社がヒットします。これらの中から自分にあった家庭教師を探すのは
大変な時間がかかるので、まずオススメとして上記検索キーワードに加えて自分が住んでいる都道府県を
入れましょう。
これだけで大分検索結果の数が少なくなるかと思います。そしてその中からさらに自分の地域で
絞り込みをかければ更に検索候補が少なくなりますので、そこからホームページを覗いて
料金プランなどを拝見しましょう。ただ、中にはホームページで情報を公開していない(と言ってもほとんどありませんが)
会社もありますので、新聞の折り込みチラシや情報誌でも検索することをオススメします。
インターネットを中心とした家庭教師を紹介しているホームページサービスは家庭教師派遣会社と違って、
依頼主と家庭教師が直接契約する方法を取っているため、派遣会社のように紹介料・派遣料などの費用が
かからないため多少は安くなります。家庭教師はある程度、依頼主の時間に融通が利く人でないと
難しいので、直接契約する際には対応時間や対応科目等をしっかりと確認しておきましょう。東京にお住まいで東京に事務所がある場合には事務所に足を運んでみるのもいいかもしれません。

●番外:バイリンガルを目指そう!
家庭教師と言えば、放課後学習として学校の需要の予習や復習を兼ねたものであったり、
塾や予備校で教わったことの予習・復習のための自宅学習、受験対策といった目的が多いのですが、
これらのいずれにも当てはまらない特殊な家庭教師もあります。それは「語学家庭教師」です。
語学家庭教師とはその単語からも分かるように、語学を中心に教える家庭教師のことで
なかなか英会話教室等に通う時間がない人や幼い頃から語学を学ばせたいと考えるご両親が
利用する家庭教師です。グローバルスタンダードという言葉が耳に馴染みやすくなっている現代、
将来のことを考えて外国語を学ぼうとする方は多く、そういった方に利用されているようです。
日本の大学に来ている外国人がアルバイトとして語学家庭教師を行っているケースもあり、
こちらはフリーの家庭教師となんらかわりません。外国人が日本人に自分の母国語を教えるという
シチュエーションとなりますが、英語であればアメリカやイギリスといった本場の英語を学ぶいいチャンスとなります。
なにより、本国の人のネイティブな喋りや”生きた”表現を教えて貰えるので、将来外国に進出する
つもりの方は是非利用してみてはいかがでしょうか。