家庭教師トップ

家庭教師について知ろう!

家庭教師なるためには、いろいろな道が考えられます。ここでは、家庭教師の仕事等を紹介します。

 

 

家庭教師の心構え

 

家庭教師とは、生徒の先生という枠を超えて、親であり兄弟ということができるでしょう。まず、当たり前ですが家庭教師は生徒の先生です。学校や塾の先生のように勉強を教え生徒の学力向上のために努力しなければなりません。しかし、学校や塾の先生とは違って家庭教師は毎週数時間、生徒と二人だけで過ごす特別な存在であるため、時には、親の代わりとして生徒さんに対して厳しく接すると同時に愛情をもって指導する必要がでてきます。例えば、生徒が宿題をやってこなかったという場合に、学校や塾の先生は「なんでやってこないんだ!?」と怒るだけのことが普通ですが、家庭教師の場合は「なんでできなかったの?その理由を一緒に考えてみよう」というように親のように生徒さんとじっくり話し合うことが求められます。また、家庭教師は生徒さんとの年齢が比較的近いことが多いため、学校の先生や親よりも生徒さんの気持ちがわかりあえることが往々にしてあります。その意味で、家庭教師は兄弟のように生徒さんの気持ちを汲み取って上げられる存在ということができるのです。

 

 

 

家庭教師になるには

 

家庭教師なる方法についてですが、家庭教師を募集している会社に応募する方法が一般的です。現在は、インターネットからオンラインで家庭教師登録ができる業者が増えており、オンライン登録後、面接、研修、派遣、というパターンが多くなってきています。また、最近では、インターネット上で家庭教師と生徒さんをマッチングさせるサイトも増えてきました。家庭教師の登録情報を見て、生徒さんが個人契約推奨サイトにコンタクトをとり希望の家庭教師を紹介してもらうというサービスです。このようなサービスでは、通常では生徒と教師の個人契約という形になります。通常の家庭教師派遣会社との違いは、家庭教師紹介後は家庭教師と生徒さんとの個人契約になるので派遣会社の中間マージンが不要という点です。ただし、生徒さんの側で個人契約推奨サイトに紹介料を支払わなくてはならないところが多いです。

 

 

家庭教師自身が直接に生徒さんを探すという方法も考えられます。友人や親戚のツテを頼ったり、よくあるのは新聞に生徒さんの募集広告を出すという手法です。広告料金は1万円くらいですし、需要もあるのですぐに生徒さんが見つかる場合も多いです。また、学歴にもよりますが高時給だったりするので自信のある人にはお勧めのやり方です。しかし、成績が上がらなかったり、家庭とトラブルを起こしてしまった場合は、自分で責任を取らなくてはいけないので、かなりの覚悟が必要です。